ドメインをよりよく知るための基礎知識

独自ドメインの取得方法

独自ドメインを取得する際、どのような手続きが必要になるのでしょうか。使いたいドメインが使えるかどうかを調べる方法や、レジストラの選び方、独自ドメインの申し込み時に必要になる情報などについて説明します。新規取得、更新時にかかる費用についても確認しておきましょう。

ドメインの利用可否の調べ方

使いたいドメインが決まったら、まずはそのドメインが利用できるかどうかを確認します。ドメインはインターネットにおける住所のようなもので、それぞれが世界に1つだけである必要があります。申し込もうとしているドメインをすでに他の誰かが使っている場合、取ることができません。取得は早い者勝ちなので、希望するドメインがある場合は早めに申し込み手続きをしましょう。
ドメインが使えるかどうかは、いろいろなWebサイトで調べられます。名づけてねっとのトップページからも、会員登録なしで確認できます。検索窓に使いたいドメインを入力して検索してみましょう。例えば、○○○.comというドメインを使いたい場合、検索窓に○○○と入れ、「.com」にチェックを入れて検索します。そうすると、利用可能かどうかが表示されます。希望のドメインの種類ではすでに使われている場合もあるので、「.jp」や「.net」など、他の種類でも検索してみましょう。ここで気をつけなくてはいけないのは、ドメインの種類によっては1つの会社・組織・団体において1つしか取得できないものがあるという点です。「.co.jp」は日本国内で登記を行っている企業のみが使え、1企業で1つしか取得できません。同様に、「.ac.jp」は日本国内に所在地のある1つの教育機関に対して1つだけと決められています。これに対して、「.jp」や「.net」「.org」などは個人でも法人でも申し込み可能で、複数取ることができます。新規申し込み時は、どの種類を選択するか、また所属している組織内で取得数に制限のあるドメインを持っていないかなども確認する必要があります。

レジストラとは?

希望するドメインが取得可能であることが調べられたら、次にレジストラを選びましょう。レジストラとは、ドメインの登録申請を受け付けている事業者のことで、世界中にたくさんのレジストラが存在します。日本国内にあるドメイン管理事業者の中には、レジストラである事業者もありますし、レジストラの下でドメインを販売する事業者もあります。登録を依頼する側からするといずれも大きな違いはありませんが、レジストラやその他のドメイン管理事業者によって、取り扱っているドメインの種類が異なるので、希望するものを取り扱っている業者を選びましょう。

レジストラとは?

レジストラの選び方

複数あるレジストラ(ドメイン管理事業者)から1つに絞る際、ポイントになるのはサーバー管理とドメイン管理を一緒に任せるかどうかという点です。多くのサーバー管理事業者は、ドメイン取得や更新手続きを含めたトータルサービスを提供しています。サーバーとドメインの管理を一括で任せることができるので、手間が少なく、費用も抑えられるのが大きなメリットです。名づけてねっとでも、サーバーとドメインをセットで申し込んだ場合、お得な料金が適用になります。「面倒な手続きを省きたい」「手間なく簡単にドメインを取りたい」という方には、サーバーとドメインを一括で管理できるレジストラを選ぶのがおすすめです。

ドメイン取得の際に必要になる情報

レジストラ(ドメイン管理事業者)の選定が済んだら、次にドメイン取得の際に必要になる情報を揃えましょう。新規申し込みの場合は、次のような情報が必要になります。

  • 契約者情報
    所在地、担当者名、電話番号、メールアドレス
  • ドメイン情報 ※一部の登録内容がWhoisを通しインターネットで公開されます
    ドメイン登録者名(日本語、英語)、担当者名、所在地、電話番号、メールアドレス

上記の情報の中には、ドメイン管理者の情報としてインターネットで公開されるものがあるので注意が必要です。英語表記が必要になる箇所もあるので、間違えないように記入しましょう。

新規取得時の費用

独自ドメインの新規申し込み時には、ドメインの種類に応じて異なる料金が発生します。この料金は、レジストラ(ドメイン管理事業者)によって様々です。申し込みの際に初回の料金支払いが必要になりますが、レジストラによってはクレジットカード払いだけでなく請求書払いが選べることもあります。それぞれの希望に合った支払い方法で申し込みましょう。初回の支払いで、契約期間を選択します。1年、2年、5年など、契約期間もレジストラによって様々。長期契約であれば、割引が適用されることもあります。ドメインは、一度取ったら長期間使用するケースが多いので、初回費用だけでなく更新費用まで見据えて選択しましょう。

ドメイン更新時の費用

新規申し込み時に決めた契約期間が経過し、継続利用する場合には、ドメインの更新費用が発生します。この時にも、レジストラ(ドメイン管理事業者)とドメインの種類によって複数年の契約期間を選択できることがあります。契約期間、ドメインの種類によって更新にかかる費用は異なりますが、多くの場合新規取得時と同じ金額になります。またドメイン更新の手続きの方法もレジストラにより異なりますが、自動更新でないレジストラで更新手続きを忘れてしまった場合、ドメインが解約されてWebサイトが閲覧できなくなった、メールが送受信できなくなったなどのトラブルをよく聞きます。ですからドメイン更新するための手続きをよく確認し、忘れずに必要な手続きを行うことが大切です。