ドメインをよりよく知るための基礎知識

ドメインエイジ(年齢)に関して

ドメインがどれくらいの期間使われてきたのかを表すのが「ドメインエイジ」です。一般的に、長く使われてきたドメインほど検索エンジンから高く評価されやすくなると言われています。ではなぜ、ドメインエイジが長いWebサイトは高く評価されやすいのか。ここでは、ドメインエイジと検索エンジンでの表示順位の関係について考えてみることにしましょう。

ドメインエイジとは

ドメインエイジとは、その名の通りドメインの年齢を指しています。ここで言う年齢とは、ドメインがWebサイトなどで使われ、検索エンジンから認識されるようになってから現在までの期間を言います。ドメインを取得してから現在までの期間では必ずしもありません。

通常、検索エンジンは世界中にあるWebサイトを巡回し、検索しやすくするためのインデックス(目次)を作成しています。そのインデックスが作成された時をゼロ歳とし、そこから現在までの期間がドメインエイジとなります。

ドメインエイジは、ドメイン取得時に直接関係するものではありませんが、Webサイトの集客力やSEOを意識する上では少し気にしておきたいキーワードの1つです。

ドメインエイジの期間は一般的に、長ければ長いほど、検索エンジンから高く評価されやすくなると言われています。

本当に検索結果で上位に表示されやすくなるのか?

1つのドメインを使って長く運営し続けているWebサイトほど、検索エンジンから高く評価され、検索結果で上位に表示されやすくなるというのは本当でしょうか。

以前は、古くからあるWebサイトはリンクが多く、いろいろなWebサイトからアクセスがあるため、サイトとしての価値が高くなる傾向が見られました。

しかし現在、ドメインエイジの期間が長いだけでは、必ずしも評価が上がらないという見方が一般的です。

リンクの数だけではなく、Webサイトのコンテンツの内容などによって、検索結果の順位が決められるようになっています。そのため、コンテンツが充実していなければ、ドメインエイジの長いWebサイトだとしても評価は高くならないのです。

もちろん、これまで蓄積したコンテンツに有用性があり、多くのユーザーが価値を見出しているなら、Webサイトの評価は高くなるでしょう。ただし、そこにドメインエイジによる評価基準は適用されません。あくまでコンテンツやリンクなどによる総合評価になるのです。

とはいえ、立ち上げられてから数ヵ月しか経っていないWebサイトと、数十年も経っているWebサイトでは、後者の方が検索エンジンによる評価は高くなりやすい傾向にあります。

ドメインエイジをまったく無視してもよいということではなく、ある程度の年月をかけて検索エンジンからの評価を積み上げていくという努力が必要となるのです。

本当に検索結果で上位に表示されやすくなるのか?

ドメインエイジを知ろう

Webサイトの中には、ドメインエイジを検索するサービスを提供しているのもがあり、 自分で取得したドメインの年齢は、これらのサービスを利用することで調べられます。検索エンジンによるインデックス作成から現在までの利用期間を導き出すことで、これまでのWebサイトの評価が妥当かどうかを知る目安となるでしょう。

ドメインエイジの期間が半年や1年程度なら、検索エンジンによる評価を判断するのは難しいでしょう。しかし2年、3年と経過しているにもかかわらず、検索エンジンによる検索の結果に十分反映されていないと思うなら、コンテンツを拡充するなどのSEO(検索エンジン最適化)対策を強化する必要があると考えるべきでしょう。

ドメイン変更に関するその他の記事を読む