ドメインをよりよく知るための基礎知識

WHOISとは(ドメインの所有者情報)

ドメインやIPアドレスを誰が所有しているのかといった登録情報をインターネットユーザが参照できるサービスを「WHOIS」と呼び、ICANNというドメインの登録管理組織により、ドメインやIPアドレスの取得時にはWHOISに情報を提供することが義務付けられています。 WHOISはネットワークのトラブル時にシステム管理者間で問題を解決したり、ドメイン取得申請時に事前に登録済みドメインの情報を確認するためのものとされています。ですからドメイン取得時に入力した登録情報はインターネット上に公開されることを知っておく必要があります。 ここでは、WHOISとは何か、また、どのような情報を調べられるのかなどを解説します。

WHOIS(ドメインの所有者情報)の調べ方

WHOISは.comや.jpのようなドメインの種別毎に存在するレジストリまたはレジストラが提供しています。そのため調べたい種別毎に別々のWHOISにアクセスして検索する必要がありますが、近年では各種ドメインのWHOISを一度に検索できる便利なサイトなどもあります。

JPRS WHOIS(.jp/.co.jp/.or.jp等)
http://whois.jprs.jp/

INTERNIC WHOIS(.com/.net/.org/.biz/.info等)
https://www.internic.net/whois.html

WHOISにアクセスしましょう。上記に該当するドメインであればそれぞれのWHOISにアクセスします。該当ドメインが無い場合は検索エンジンで「WHOIS .asia」などと検索しましょう。入力欄にドメイン名をタイプし、「検索」や「Search」などのボタンをクリックすると検索結果が表示されます。ドメインの場合は登録日、有効期限日、ステータス、ドメイン担当者情報、ネームサーバなどの情報を確認することができます。

ドメイン登録情報に個人のコンタクト先を入れるとWHOISに公開されて迷惑メールが来るので、デタラメのメールアドレスや住所を入力する人がいますが、もともと登録情報は正しいものであることが義務付けられております。近年レジストリによりチェックが厳しくなっており、存在しない情報を登録しているとドメインの利用制限がかけられて使えなくなるというようなケースも発生しているので注意しましょう。

WHOIS(ドメインの所有者情報)の調べ方