ドメインをよりよく知るための基礎知識

ドメインの取得

ドメインは、インターネットに接続したときに、そのWebサイトやメールアドレスを識別するための「住所」のようなものです。世界に同じものはなく、自分だけのものになります。ドメインの登録は原則「早い者勝ち」となっており、一定のルールに基づいて自分の好きな文字列を取得することが可能です。ここでは、ドメインについての基本的な知識、その取得方法などについて説明します。

ドメインとは

Webサイトや、メールアドレスの表示に「○○○.com」や「△△△.or.jp」などと表記される部分のことをドメインと呼びます。これは、そのWebサイトやメールアドレスが、どこのコンピュータやサーバーに属しているのかを表すもので、同じドメインはインターネット上に存在しません。ドメインが生まれた背景としては、ネットワーク上でコンピュータを識別するために考案された数字とピリオドだけで表される「IPアドレス」が、人には識別されづらかったこともあります。

ドメインとは

独自ドメインの取得方法

ドメインは「.(ドット)」によって区切られていますが、そのうちの一部分は自分で好きなものを取得、利用することが可能です。基本的には、先着順に決められてしまうルールのため、利用したいドメインが必ず取得できるわけではありませんが、そのドメインと同一のものが既に存在しない限り、簡単な手続きで誰でも自分のWebサイトやメールアドレスに使用するドメインとして取得できます。但し、ドメインの取得にはさまざまな制限があるため、注意点やルールについて事前に把握しておくことが大切です。

ドメインの種類

ドメインには、さまざまな種類があります。「トップレベルドメイン」や「サブドメイン」といった、ドメインの分類を示すものや、「日本語ドメイン」や「3文字ドメイン」、「海外ドメイン」といった形式や属性によるものなどがあります。顧客や検索エンジンからの認識のしやすさに影響し、ビジネス的な観点においても重要な役割を果たすため、いずれについても知識として押さえておくとよいでしょう。

ドメイン名に使える文字

ドメイン名に使える登録文字数や文字には制限があります。ローマ字ドメインは登録できる文字数は3文字以上63文字以内、使用できる文字は半角英数字(A~Z、0~9)や半角のハイフン(-)が使用できます。一部のトップレベルドメインでは、日本語を使用することもできます。日本語ドメインは、登録できる文字数は1文字以上15文字以内、使用できる文字は全角ひらがな、漢字、カタカナ、半角英数字(A~Z、0~9)、半角のハイフン(-)、一部の記号なども使用できます。