お知らせ

株式会社NTTPCコミュニケーションズ
2011年01月18日

DNSSEC署名鍵の登録機能追加について

本日よりJPドメインのDNSSEC対応開始に伴い、名づけてねっとでJPドメインをご登録のお客さまに、DNSSEC署名鍵の登録機能を提供開始します。

■対象
 JPドメイン(汎用JPドメインおよび属性型・地域型JPドメイン)をご登録のお客さま

■追加機能
 DNS(権威)サーバにて発行した署名鍵(DS)をJPレジストリのネームサーバへ登録する機能

■利用方法
 コントロールパネルにログインし、「ネームサーバの登録/変更申請」より署名鍵(DS)を登録してください。
「設定種別」で「それ以外のネームサーバを設定する」と選択すると署名鍵(DS)入力欄が表示されます。

※1ドメインにつき最大6個までの署名鍵(DS)の登録が可能です。
※署名鍵(DS)を登録するにはDNS(権威)サーバがDNSSECに対応している必要がございます。
 なお当社提供の以下のDNS(権威)サーバはDNSSECに対応しておりません。
 ns1.customer.ne.jp
 ns2.customer.ne.jp
 ns3.customer.ne.jp
 ns4.customer.ne.jp
 ns1.sphere.ad.jp
 ns2.sphere.ad.jp
 ns3.sphere.ad.jp
 ns4.sphere.ad.jp
 asns1.customer.ne.jp
 asns2.customer.ne.jp


【参考】DNSSECとは
 DNS Security Extentionsの略称。
DNSSECは、DNSサーバから受信したDNS応答が「本当に正しい」ということを受信側で検証可能にするための、DNSの拡張機能です。本当にその相手が作成したものであること(データの出自認証)と通信途中で書き換えられたり、一部が失われたりしていないこと(データの完全性)の2つの検証を行います。

 DNSSECでは応答送信の際に公開鍵暗号を利用した署名を付加します。受信側で付加された署名を検証することによりデータの出自認証と完全性を確認でき、DNS応答の偽造を防ぐことができます。